2006年05月31日

国際親善試合 日本 2-2 ドイツ

インを上げるか、下げるかexclamation&question

ここ数日、選手間で話し合われたこの問題については、チーム内で
コンセンサスを得られてない
気がする。

ヒデがかなり上がり目だったところを見ると、
ラインをあげるために、敢えて、そーしたよーに思えるんだよな。

ボクはこの議論については、
現状の日本代表を考えれば、ヒデの意見に賛成だ。

今日の1点目でわかるとおり(宮本クローゼに倒されたシーン)、
たとえ、ラインを下げたとしても、
フィジカルで潰されたら、どーにもならないわけで。

要は、押し込まれたときに、どーするかexclamation&question
とゆー対処が確立できてないわけで、
であれば、高い位置で、取りに行って、
少しでもリスク回避するしかないんだろね。

さて、試合なんだけど、
この時期のドイツとほぼ互角でやれたことは、
自信につながります手(チョキ)

ただし、ジーコ
「勝ち負けにはこだわらない」
とは言ったものの、
守るための戦術を試さなかった。

つか、大黒・玉田投入こそが、
守る戦術かもしれないわけで、ジーコらしーのは確か。

願わくば、2-1の時点で、
4-4-2に変え、
俊輔・ヒデ・小野・遠藤 or イナジュン
とゆー中盤を組みたかったなぁ。

さぁグッド(上向き矢印)それにしても、いよいよexclamation×2って感じだねパンチ
朝日新聞に書いてあったけど、
この世代は、ホントに、

過去も未来も注ぎ込んだ代表

なんだよな。

いずれにしても、過去最高のリザルトは期待できるし、
やってくんなきゃ、困るしexclamation×2

負けるわけにはいかんのですよパンチ
posted by KinG at 09:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。