2006年06月13日

FIFA W杯 F組 日本 1-3 オーストラリア

半11分坪井の負傷交代からゲームプランが狂った。
切るべきカード、打つべき策を見失い、
いつか、どっかで見たような結果になってしまった。

日本サッカー界が長く低迷した時代から、
ゴールデンエイジと呼べる選手が本格化する時を迎え、
世界レベルに近づいていることは間違いない。

トルシエ・ジャパンでは、
勤勉な日本人にFitする規律やルールといった、
システムに重きを置いた。


でも、それでは、
確実に世界の壁は崩せない
と気づいたのが4年前。

この4年間、ボクらと戦った
ジーコ・ジャパンは、
勤勉な日本人ではなく、ヒデ・俊輔といった、
個のパフォーマンスに最大の重きを置いた。


恐らく、代わりの効かない、
だけど、世界と戦うことだけに照準を合わせ、
ギリッギリの勝負においては、
個の強さしか、勝利を手にし得ない

とゆー日本サッカー界に初めて根付いた哲学を持って戦っている。

攻撃における個のパフォーマンス
守備における個のパフォーマンス

個に依存する以上、ブレ幅は大きい。

それを補うのは折れない心しかない。

まだ、終わってないし、終われないサッカー
posted by KinG at 10:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本に残された可能性は?
Excerpt:  もう一つの死のグループE組(イタリア、チェコ、アメリカ、ガーナ)では、チェコとイタリアが順当勝ち。  チェコのロシツキーと、イタリアのピルロのミドルシュートには、まさに目が覚めました。  そして、わ..
Weblog: 24時間蹴球宣言
Tracked: 2006-06-13 21:08

ワールドカップ グループリーグF オーストラリアVS日本
Excerpt: オーストラリアといえば、キューウェルしかいないと思っていたが ビドゥカのパワーは半端ないです。FWで、1トップを張ることの出来る 選手はすごいなぁと思うのだが、この選手も例外じゃないです。 ゴー..
Weblog: busy-work.com
Tracked: 2006-06-14 06:43

ワールドカップ(日本×オーストラリア)
Excerpt: ワールドカップ (W杯)、日本の初戦はオーストラリア代表とでしたが、大事な初戦は1-3とものの見事に負けてしまいましたね・・・ 悔しぃ??っ!残念っ! 前半は良い感じで攻めて..
Weblog: ハッピーライフのお手伝い
Tracked: 2006-06-15 15:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。