2006年06月14日

ボクらのW杯は、まだ、始まったばかり

日のテレ東スポ魂見たexclamation&question

現地リポートの前園氏なんだけどね、
VTR明けの映像で、スタジオからのリアクションを期待してたが、
何もないことに不安を感じた様子がく〜(落胆した顔)

んで、マイク持ちながら、

「もしもし」

とかゆっちゃってましたカラオケ
オーストラリア戦後、初めて、笑うことができた瞬間ですわーい(嬉しい顔)

さっexclamation×2
一昨日のゲームには賛否両論あるけど、
もーいーじゃんかexclamation×2
終わってから、ゆっくり振り返りましょうexclamation×2

で、今朝の結果ね。

FIFA W杯 F組 ブラジル 1-0 クロアチア

とゆーことで、次戦の目的は二つになった。

1. (負けないことではなく)勝つこと
2. できるだけ、大量得点すること


わかりやすいっexclamation
悪くても引き分け・・・なんて、目標だと、逆にややこしーし。
つか、そこまで、ゲームコントロールなんてできないし。

で、問題は、そこに至るまでのプロセスをどーするかだ。

ずーっと、考えてたんだけどね、
やっぱ、人間、ある程度までいっちゃうと、
短所を改善することなんてできないとか思うんだ。
例えば、FWの決定力だとか、積極的に守りに入る事だとかさぁ。
ボクで言えば、毎週金曜日、記憶を飛ばしてることだたらーっ(汗)
これらは、今更、どーにもしーよーがないことなのさバッド(下向き矢印)
と割り切るexclamation×2

つまりね、ココまできたら、長所を生かすしかないとか思うんだ。
長所で短所をカバーするしかないじゃん。

日本の最大かつ唯一の長所は中盤
ココに、攻めも守りもすべてを担ってもらうしかないわけで、
であれば、そーゆーフォーメーションで望むのさexclamation×2

4-4-2

あとは、中盤をどー構成するかだけど、
もー一枚のカードは、小笠原でいーんじゃないかな。

ジーコ鹿島とか、揶揄され続けてきたけどさ、
ジーコは彼らをずーっと見てきたわけで目
他のチームの選手より「把握しやすい=使いやすい」のは、当然じゃねexclamation&question

あと、彼は、代表発表時、
「出なきゃ意味がない」みたいな発言もしてたし、
プレーがどーかはわかんないけど、
昨日書いた折れない心
持ち合わせてると思うんだ。

とにかく、個のパフォーマンスで、中盤を制する。
ミドルを打ち続ける。


それをやるべきヤツがやらないことに、
ストレス感じてもしょーがないんだよな。

「決めるべき時に決めないと・・・」なんて、
コメントは何の意味もない。
だったら、お前が打てexclamation×2と言いたいし。

それをやれるヤツがやるしかないんだ。

終わったことなんて、ホント、どーでもいーや。
ボクらのW杯は、まだ、始まったばかりだからサッカー
posted by KinG at 11:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本に残された可能性は?
Excerpt:  もう一つの死のグループE組(イタリア、チェコ、アメリカ、ガーナ)では、チェコとイタリアが順当勝ち。  チェコのロシツキーと、イタリアのピルロのミドルシュートには、まさに目が覚めました。  そして、わ..
Weblog: 24時間蹴球宣言
Tracked: 2006-06-14 19:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。