2006年06月19日

FIFA W杯 F組 日本 0-0 クロアチア

photo.jpg

るべきことはやった。
髪を切り、髭を剃り・・・
ボクが出来ることは、全部、やったはずだった。
唯一、携帯の待ちうけをコレにしてたことがいけなかったのか・・・携帯電話

合後の会見。
明らかにヒデのろれつは回ってなかったカラオケ
クロアチアも含め、そーだったけど、
ヒデがあんなに疲労してるところは、初めて見たかもしんない。

このリザルトをどー受け止めるべきか、なんだけど、
ボクのなかでは、納得できてます

前戦以降、ボクの唯一の不安は、
勝ち点0で終わってしまうコトだったのさ。

ドーハの悲劇から始まり、
フランスでの初出場、
開催国として決勝ラウンド進出・・・

確実に一歩一歩昇ってきた階段があり、
もちろん、過去も未来も費やした代表に更なる期待はあったけど、
想定外のコトはあり得る。

ただし、勝ち点ゼロで終わることは、
この15〜6年の歩みすべてに
疑問を持たざるを得ないんじゃないかと。
それは、腹に落ちないんじゃないかと思ってたんだ


だけど、勝ち点を残した。

中盤を中心に、
攻撃を凌ぎ、ゲームを組み立て、ミドルを打ち、
そして、
トップが決めきれなかった。

この4年間の集大成としては、
いいトコも悪いトコも
すべて出し尽くしたゲームだったと思うんだよな


だから納得していーんじゃないexclamation&question

この4年がいかにスペシャルだったかってのは、
神様がわずかな可能性とゆー望みを残し、
ブラジルと闘わせてくれることにあると思う。

冷静に見れば、日本が2点以上取って、ブラジルに勝てるかexclamation&question
とゆーことだと思うんだけど、
ボクは純粋にその一試合を楽しもうと思うよわーい(嬉しい顔)

ジーコ就任以来、
ブラジルを目指し、
ブラジルになろーとしてきたチームが、
このW杯とゆー場で、胸を借りることができる。
こんな光栄なことはないじゃんexclamation×2

死闘は終わった・・・と思う。

あとは、すべてのチーム関係者に感謝を込めて、
やりたいよーに、
何よりも自分達が楽しめるゲームをしてくれれば、
いーと思うし。

でも、ミラクル&サプライズは、ちょっと、期待しちゃうけどねサッカー


posted by KinG at 11:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

生き残りを懸けた戦い まもなく!
Excerpt:  いよいよ日本時間の18日22時、日本対クロアチアの一戦が始まります。ともに初戦を落とした両チーム同士の生き残りを懸けた戦いです。  日本がこの試合で敗れた場合、日本時間の19日午前1時開始のブラジル..
Weblog: 24時間蹴球宣言
Tracked: 2006-06-19 21:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。