2006年06月24日

しゃべれない俊輔、立てないヒデ Vol.2

定力

これがすべての問題の原点とゆー考えは、
少し短絡的かもしれない。

だけど、よく理解しなければいけないのは、
様々な問題が仮にそこにあったとしても、
こーした大会においては、結果が出れば、それでいー訳だ

光輝くものがあれば、影の存在は目立たなく、
そして、忘れ去られていく。

一番身近な例がトルシエ・ジャパンである。

トルシエと選手、
トルシエと協会とゆー火種がありつつも、
ベスト16、初の決勝ラウンド進出・・・
結果しかボクらの記憶には残っていない。

だけど、悔やんでも悔やみきれない記憶もある。

宮城でのトルコ戦だ。

恐らく、すべての関係者は、
信頼たるコーチの元で、あの試合を再度行なう、
それが、今大会の目標であったはずだ


成熟度の低い組織において、
それを強固にする最たる近道は、
共通の敵を作ること
誰でも人の悪口を言うのは好きだからね。

そーゆー意味でトルシエの功績は、戦術以上に大きい。
非常に稚拙ではあるが、組織に結束力を生んだからだ。

そして、
共通の敵が去り、これ以上ないコーチを向かえ、
Golden Ageは海外で経験を積む・・・

すべての準備が滞りなく、整えられていくと誰もが思っていた。

そこで、別の問題が持ち上がる。

・・・ヒデのことだ。

共通の敵を失った組織は、
神様とも言われるコーチではなく、
その矛先をヒデに向けたんじゃないだろーかexclamation&question

断定的なことは言えないし、
敵とゆー表現は極論過ぎるかもしれない。
いわゆる、ヒクとゆー程度のことだったんじゃないかな。
でも、要は、どーであろーと、壁ができたんだ。

火種はあった。
海外組と国内組とゆー図式だ。

この構図は、日本代表を一つの組織と見ると、非常にわかりやすい。

2対8の法則そのものなんだ。

すべての顧客の内、
その2割が8割の売り上げをあげるとかゆーやつね。

つまり、どんな組織であっても、
できるヤツ2割、できないヤツ8割
とゆー構成になってしまうものらしー。

数年前のジャイアンツがいい例だ野球
他球団の4番を集めても、結局、2対8に陥る。

この構成を仕方のないこととした場合、
できるヤツが考えるのは、8割側を2割側に引き上げることだ。

だからこそ、
階段を降りてこないコーチの代わりに、
それこそ、全身全霊をかけて、彼らと向き合っていく。

辛らつな言葉もすべてはW杯のためだ。

屈辱すら感じるけど、
でも、また一歩、また一歩階段を降り、
彼らに近づく努力をしてきたと思う。

だけど、人間は残酷だ。

次元の低いきっと嫉妬レベルの感情から、
ヒデを共通の敵と見なしたんじゃないかな。
自分たちとは、別物とゆー認識。

それでも、Jヴィレッジでの合宿では、
自分がプライドを捨てて、更に階段を降り、
そしてドイツ戦で結果が出た。

多分、できないヤツらとの距離感をずっと、
悩んできた4年だったと思うんだ。

これでよーやく、
集大成を迎えられると思った矢先だったのに、
あのマルタ戦は、どーしても、
彼にとって受け入れがたい結果だったに違いない。

「あとは自分のコンディションを整えるだけ」

とゆーコメントは、
もーオレが一人でやってやるexclamation×2とゆー、
非常に孤独な決意だったと思うんだよね。

大会中は、直前の各スポーツ番組で見せた、
凛とした表情は消え失せ、
苛立ちしか見えなかった。

こんな状況だったからこそ、結果が欲しかった。

ピッチで寝転び、
立てないヒデを見たとき、
心からそー思ったんだ。

こんな報われないことがあっていーのかなと。

練習前にゲームで遊んでるヤツに、何て言えばいーのだろexclamation&question
初戦を落とし、そのあとの練習で、
ゴールをはずしても笑ってるヤツらに何て言えばいーのだろexclamation&question

「ヒデと選手の間に立つのは正直しんどかった」

これは宮本のコメントなんだけど、
ボクはこーゆーヤツが一番嫌いだ。

火中には決して入ってこない。
自分の身の安全だけは確保している。

技術もなく、統率力も欠ける、
アナタがキャプテンとしてやるべきことは何だったかを
よーく考えろexclamation×2と言いたいよパンチ

恐らくヒデは代表を引退すると思う。

選手としての達成感は得たいだろーけど、
人として、こんなしんどい環境は、
もー受け入れられないだろーなとか思う。

でも、繰り返すけど、こんな終わり方はない。
てか、させちゃいけない。

スターを必要としない
オシムだと難しいかもしれないけれど、
ヒデとアテネ世代あるいはその下で作るチームが見たい。

そーじゃなきゃ、
できる人の孤独は、ずっと癒されないんじゃんexclamation×2
その場合、どーすればいーんだろ・・・サッカー
posted by KinG at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。