2006年06月27日

しゃべれない俊輔、立てないヒデ Vol.3

ットゥーゾexclamation×2

単に言いたかっただけっす・・・たらーっ(汗)
響きが好きなので・・・わーい(嬉しい顔)

まだ、一週間も経ってないのに、
色んなことが進みすぎて、付いてイケてない感じがしてるし。

そろそろ、まとめていこうと思いますメモ

その前に・・・俊輔の件があったな。
風邪をひーたことについては、置いておくとしても、
パフォーマンスについては、
彼を使い続けたベンチワークの問題だと思ってます。

特にブラジル戦については、
まったく、消えていたわけだし、
中盤の組み方は、いくらでもあったんじゃないかなと。
結果論ですが・・・。

ってことで、最後に取り上げざるを得ないのは、
ジーコってことになります。

もーすでにね、色んなメディアで叩かれるわけで、
大きく頷くことが多いけど、
やはり、結果論でしかない

就任当時を思えば、
日本国中、誰もが諸手を挙げて喜んでたわけで、
それは、今現在、
オシムを迎えようとしてる状況とすごく似てるとか思う。

結局思うのは、
我々にとってジーコは、日本サッカー界における
長嶋茂雄だったじゃんexclamation&question

ってこと。

選手時代はもちろん、就任前もそーだったし、
この4年間も、やはり、スターであり、神様として見てきたじゃん。

ボクらは

だからね、今更、
監督経験がなかったからとかゆーなよexclamation×2
って思うし。

選手起用が遅いなんて、ずーっと変わってないことじゃねexclamation&question
みたいな。

つまり、他国においても、監督人事は世論つか、
サポの声を色濃く反映するものであって、
今大会の結果自体、
ボクらが招いたものでもあるんじゃないのexclamation&question
って事を言いたいわけです。

この結果の矛先を
どこかに向けたい気持ちはボクにもあるけど、
すごいむなしい気がするんだよな。

きっとね、
ボクらもW杯で決勝ラウンドに行く
国のサポーターとしては、
色んなところで足りないんじゃないかなとか思う


なんだか、4年に一度の騒げる機会だった
とゆーことでもいーと思うけど、
W杯はまだ終わってないわけで、
2010年の話を始めるのは、絶対的に早いわけです

ジーコのゆーとーり、
フィジカルを生かしたパワープレーは、
世界で戦う以上、避けられない。
日本人の体格があと4年で急速に成長するわけでもないしね。

だからこそ、
それに対するヒントを今、世界から学んでいかなきゃならない。

そして、いつか、
これが日本のサッカーと呼べる個性を手に入れなきゃならない
とか思う。

だから、ボクらも、
そーゆー眼を養い、マスコミに踊らされることなく、
世界と正対できるサポにならなきゃなと。

いずれにしても、ボクらはサッカー後進国なのだから

付け加えれば、
少なくとも、ジーコの日本サッカー界への貢献は
何があろーと普遍だし、今回の結果が
彼のキャリアにマイナスに作用しないで欲しいなぁと思ってます。

とゆーことで、
ボクなりに、今回の結果は腹に落ちた気がしますわーい(嬉しい顔)

残りのゲームをガツっと楽しみ、次を考えて行こうとか思うよサッカー

ットゥーゾexclamation×2
単に言いたかっただけっす・・・サッカー
posted by KinG at 16:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本代表監督にふさわしい人物とは?
Excerpt:  ワールドカップはまだまだ続いていますが、これだけ日本を騒がせている話を無視するわけにはいきません。  みなさんご存知のように、日本代表監督の第一候補(そして唯一の候補)としてジェフ千葉のオシム氏の名..
Weblog: 24時間蹴球宣言
Tracked: 2006-06-27 18:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。