2005年08月08日

東アジア選手権 日本 1-0 韓国

つも日本がやられてるパターンをやり返したってリザルトで、ホント、気分がいいわーい(嬉しい顔)つか、まるで、日本と韓国が入れ替わったよーな試合展開だったし。

アテネ世代は決してクォリィティの高いゲームをしたとは思えない。例えば、この間のコンフェデとかなら、まったく通用しなかったろーな。ただ、いつの間にかアジア王者とか自負しちゃって、泥臭い闘いつーのが消えちゃってた気がするんだ。そーゆー意味で、2位ではあったけど、感動すら覚えた大会だったな。

さて、次は来週17日(水)にアジア地区最終予選イラン戦を迎える。
なんだか、このゲームほど、目標が持ちづらいゲームはないけれど、1試合、1試合がWCへのカウントダウンと思えば気は抜けない
メンバーもこの2試合を見た限り、宮本すら危うかったりするんだけど、ボクはね、やっぱ、前回も書いたとおり、得点力不足をどー改善してくのかexclamation&question、これを常に念頭に置いて闘って欲しいと思うよ。日本の得点パターンをまとめると・・・

 1. DF背後スペースへの抜け出し
 2. セットプレー


だったわけだけど、いずれも俊輔が必須なわけだ。んで、今回・・・

 3. サイドからのハイボール

ってオプションも増えた。もすげーがんばってるし、いー線いってるんだけどフィジカルが弱いよな。くさびとしても心元ないし、2列目からの飛び出しも遅い。
で、やっぱ、この状況を打開するのは次の2パターンじゃないかなと。

 4. 個人技(ドリブル)
 5. ミドルシュート


要は個人のパフォーマンスってことだ。チームプレーである以上、コンビネーションを主体とした組織での闘いとゆーのは、割とモロいとボクは思う。はまれば強いが、息が合わなければ、打つ手がなくなるしね。ヒデも1対1の闘いとゆーことを再三言ってるし。

上を目指すには、常にベストメンバーとゆーよりは、相手を見て戦い方を変える必要があるんじゃないかなサッカー
posted by KinG at 22:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

東アジア選手権 日本 2-2 中国

け惜しみかもしんないけど、この大会はリザルトではなく、プロセスを重視する大会だ(てか、北朝鮮に負けたことで、そー考えざるを得なくなったわけでたらーっ(汗))。そーゆー意味で、中国戦は評価のできるゲームだったと思う。

スタメンについては、レギュラー組の精神的疲労をリフレッシュさせるために11人入れ替えたとゆーことだったけどジーコの真意はどーかなと。以前、アルセンチンに大敗した後のゲームで、ディフェンスラインを総取っ替えしたことがあったけど、それに近い気がする。いわゆる大ナタを振るったんじゃないかね?ゲームメーカーがいない時の窒息しそーな試合展開は、さすがにもー勘弁だし。あとは、現時点まで何も描いていない2006年以降を考慮したメンバーだったかな。

このゲームで、ボクらが考えなきゃいかんのが、長年の課題である得点力不足とゆー問題だ。特に前半を思い出してみると、いつ点が入ってもおかしくない流れだったのは間違いない。これはひとえに、ターゲットであるの高さと少々下がり目からボールを運び、精度の高いセンタリングをあげた達也の動きによる。つまり、前半においては、得点力不足とゆー問題は影を潜めたと言えるんじゃないかな。
ただし、後半、玉田・大黒が入り、厚めの攻撃を期待したものの、チャンスすら演出できなかった。つか、いわゆる「消えた」って感じだった。

これは非常に重要なとこで、結局は2人とも、スペースに飛び出し、キラーからのシュートを狙うタイプなんだと思うんだわ。ヤナギにしてもそーだけど。てことはね、そのキラーを出せるトップ下・・・はっきり言おう!・・・俊輔がいなきゃ、機能しないFWだと言えるんじゃないか?日本の得点力不足はココに起因すると言えないだろか?
事実、シンプルにサイドからのセンタリングをアタマで合わせた、ドリブルで抜く達也は、トップ下が機能しようが、しまいが、あの活躍をしちゃうわけさ。

んでね、今までってのは、俊輔が出れない場合、俊輔の代わりを探してきたと思うわけ。ジーコ采配は。じゃなくて、いないのならば、いないなりの戦略変更をするってほーが、正しいのかもしんないなと。そーゆー意味で言えば、大久保・久保あたりはFitするよね。高原は無理だけど。。。

もはや、勝ち負けはどーでもいーけど、韓国戦のスタメンがとっても興味深い。DFを戻し、中盤をMixし、FWを入れ替える(巻&達也ね)。
ボクの考えが正しければ、3-0くらいで勝つはずですサッカー
posted by KinG at 17:47| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

フィオレンティーナ 1-2 東京V

ajista

々にどっちが勝ってもいー試合を見に行った。
ビールを飲みながら、ヒデに注視し、ヴェルディのパス回しに歓喜した。若干、空席の目立つスタンドを抜ける風が、気持ち良かったりする。
また、サッカー場へ行こうとか思ったサッカー
posted by KinG at 13:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

東アジア選手権 日本 0-1 北朝鮮

けないっちっ(怒った顔)

つか、あの水色の旗とかムカつくんですけど。くっつきたきゃ、早く、くっつきゃいーじゃんみたいな。・・・これくらいしか反論できないくらい完敗でした。

アジアカップ→WC最終予選→コンフェデと、組織として、積み上げてきたものは確かにあるはずなんだけど自分ドリブンで動けないとゆー個の弱さが露呈した試合だ。
後半、達也がドリブルで抜いたよーに、わずかなイマジネーションさえあれば、余裕で勝てたはず。足元へのパス、そっから相手を探すって展開じゃ、何処とやっても勝てませぬ。
いずれにしても、このチームはゲームメーカーが必要なわけで満男ができないんだったら、ボランチ1枚削って、玉田を1.5列、大黒との2トップで起用するとか、攻撃的な布陣でいくしかないだろな(4-4-2)サッカー

追記1
ハンガロはベストリザルトだった車(セダン)レースペースについてはラルフがゆーほど、解消されたとは思えないけど、ピット戦略で勝てるってのは大きいとか思う。ところで琢磨クンは来年のシートあるんだろか?

追記2
痩せないね〜チェホンマンは今のうち大いに勘違いしといてもらってバンナの左とかで選手生命終えて欲しい。

追記3
今日、東京V vs フィオ(味スタ)行ってきますグッド(上向き矢印)
posted by KinG at 13:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

五面楚歌

リウッド映画の見過ぎでディスカバリーの打ち上げは、なんとなく、リアリティがなかった。つか、アタマん中では「I DON'T WANT TO MISS A THING 」が鳴り響いてたし、むしろ、映画の描写のほうがボクらの記憶に忠実なのかもしんないね。
なんだか、このあと、ディスカバリーは国際宇宙ステーションとドッキング予定らしーんだけど、そんなん出来てたのexclamation&questionみたいな。NASAすげーなるんるんみたいな。
その割には、断熱材がまたもやはがれて、以降の計画は白紙だとか。熟練の左官屋とかに頼んだほうがいーんじゃねかなぁとか思いつつ、宇宙工学の奥深さを感じる次第です。

さて、いよいよ週末から東アジア選手権(31日〜8月7日、韓国)が始まりますサッカー
選手個々への期待は細かく持っているんだけど(最近、マニア過ぎるとのご意見もいただいてるので、ちょっと省きます)、とりあえず絶対に負けたくないっexclamation×2
6ヵ国協議における、なんか浮いちゃってる感じのウサはこの大会で晴らすしかないのさ。

ボクはみんなと同じくらいの愛国心しかないんだけど、それにしても、今回の協議で一番、正々堂々晴れとしてるのはウチくらいなもんだ(国をウチと呼ぶのもすごいが・・・)。外交は水面下の協議が多すぎて、結果だけじゃ、きっと、判断しちゃいかんのだろーが、甚だ疑問が多い。とは言っても経済制裁しちゃうわけにもいかんから、とりあえずアキバでの買い物禁止ディズニーランド入園禁止くらいから始めたらどーだろーかexclamation&question

で、話戻しますが・・・ドAWAYだけど、勝って当然の相手だ(韓国含む)。この時期、アジアレベルで競ってちゃいかんし。ハンガロリンクも含め、また、熱くなってきたっ晴れ
posted by KinG at 11:51| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

コンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本 2-2 ブラジル

5:30起床exclamation×2速再生次項有

大黒のゴールぴかぴか(新しい)直後からライブで見れたんだけどロナウジーニョの余裕のない表情を見て、一気に目が覚めました目
バラック率いるかつ親善試合を断られたドイツとは是非やりたかったけど、ジーコにとっては一番いい結果なんじゃないかと。セレソンの権威を傷つけず、日本そしてアジアのパフォーマンスは印象付けられたと思うんだよね。

失点シーンを見ると、やはり、最終ラインとボランチの間が空いたときにやられてるんだよな。どんな相手であってもラインを上げて、コンパクトなサッカーをするゆーのは今回得られた収穫ではあるんだけど、例えば、不用意に中盤でボールを失ったケースなんかの対応ができてないなと。ラインがズルズル引くなかで、誰かが対応しなくちゃいけないわけだ。特に世界レベルになると、ラインを崩す必要なく打てちゃったりするわけで、このあたりが残り1年の課題のひとつなんだろね。

個人的には今大会のMVPは加地クンです。カフー級でした。

さて、次は東アジア選手権2005。7月31日の北朝鮮戦からスタートです。んで、最大の注目は8月7日の韓国戦だね。昨年のアジアカップ以上のドAWAYになるんだろーね。ナショナリズムの塊だしなぁバッド(下向き矢印)でもね、このレベルで負けてる場合じゃありませぬ。勝って当然。政治とはまったく関係のない話ではあるんだけど、どっかさぁ、フラストレーションたまってるじゃん。

ジャパンブルーを信じて、応援しようぜ手(チョキ)

追記

「現在調査中だが事実なら誠に遺憾だ。FIFAの禁止薬物使用による罰則はICO(国際オリンピック委員会)と 同程度であり事実なら没収試合となるだろう」
ブラッター会長

繰上げになったらラッキーだねるんるん23日19:00(日本時間)までにはFIFAの裁定が下るそーなので、それまで選手は待機だな飛行機
posted by KinG at 10:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

コンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本 1-2 メキシコ

終予選から間髪を入れず、この大会ってことで、モチベーションとしてはかなり厳しいかなと思ってたんだけど(体力的には他国の代表もイーブンなので)、最初の10分で叩き起こされた感じがした。
見事勝ち抜いたアジア地区予選においては、だまし、だましでイケたものが、100%でも通用すっかな?っつーくらいの差だったかな。個人技は当然としても組織として連動していくメキシコの攻守は圧巻だった。

AFCの4.5枠問題とかオーストラリア(ドイツ相手に3点取ってるしがく〜(落胆した顔))の加盟だとか、ホント世界との差を縮めなければ取り残されるような事態かもしれない。苦戦しているU-20を含め、どうすれば、別の次元に行けるのか?

でも、何もなかったわけじゃないし。前半の俊輔・小笠原・柳沢・ヒデがポジションをくるくる変えて突いていった辺りは、ひょっとしたら、こーゆー形が日本らしさなんじゃないかと思わせた。加地クンの右サイドも光ってたしね。

あーなんだか、ぶっちゃけ、愕然としてはいるんだけど、1年後へ向けてのスタートラインを確認できたっつーことが収穫じゃないかなひらめき
posted by KinG at 10:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

アジア地区最終予選 日本 2-0 北朝鮮

勝ったどぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!

体中の血が噴出しそうっす

この試合は「勝てばいい」とゆーことではあったのだけど、でもね、やっぱね、このチーム相手に引き分けなんてありえないわけで。あとは中盤の主力を欠いた戦力でどこまでできるのかと。今後のジーコJAPANの課題を抽出するいい機会だったわけだ。

まず、GK・DFについては問題なし。心配した能活もミドルにきちんと対応できてたし、マコもかかと落しで応戦してたし(爆)。なによりも中澤は堅実だったなと。ちょっと、微妙なのが宮本のキャプテンシー。まったく声が出てないピッチを鼓舞することできないのね。ヒデが常に嫌われ役で、彼は会社で言えば、係長みたいな感じね。「いや、いや、○○部長はあーはゆーけどさ、みんなでがんばろーよ」みたいな統率なのかも。いや、否定してるわけではなく、組織には絶対必要なので。

問題はMFさ。
ボクが大嫌いな中田浩二はマルセイユに行ってもまったく変わらず。鹿島ファンじゃないので、Jでのプレーはあんまし見てないけど、なんであそこまで評価される選手なのか、まったく理解できない。ずっとお願いしてるんだけど、あの横パス・・・大体、90〜100度マイナス方向のね・・・なんであーゆープレーすっかな。左からのセンタリングも1本もいー感じで出せてないし、もーいらないとゆー結論に達しました
あとはイナジュン。なんで、ジーコは試合で使わないのかと思ってたんだけど、よーやく理由がわかりました。ボランチのくせして、バランスを取ることができないんだな。なんだか、不用意に右・左に走って、お前は自由人か!っつーくらいだったんだけど、逝ってよし!です。ねーひょっとしたら・・・足首折れてる?くらい、シュートも枠はずすし。
遠藤が入ってからのほーが、リズムが良かったのは確か。これもドイツには自腹で来てください、とゆーことだな。

FWについては抜群だった。よーやく溜飲が下がったよ。
ヤナギは終始良かったと思う。シュートも正面とかで、入ってなかったけど、ほとんど、インパクトしてたからね。でも考えてみれば高原が怪我してなかったら呼ばれてなかったわけで、高原もこーゆー貢献ができるのかと思いました。
大黒についてはゆーことなし。やっぱさ、アタッカーは「点を取る」ってことだけに注力すべきで、彼はシンプルにそー捉えてると思うんだ。次のコンフェデで世界レベルに対し、どこまでできんの?ってとこ見ないと、ってのはあるけど、すばらしかったなと。

あとは・・・小笠原ね。色々批判はあるだろーけど、あんなもんじゃない?大体、ヤツがゴールを背にしてパスを受けてる状況が多いときは期待できない。つか周りに生かされるタイプだってのが良くわかった。

で、課題なんだけど、やはりウイングとFWを補強してくことじゃないかな。U-23〜20から何人上げられるかでしょう。そーゆー意味で10日からのワールドユースは注目だね。カレン・ロバートとか、楽しみな選手がけっこいるし。

さて来週16日からコンフェデ。スケジュール的にはきついけど、もー本戦までちょーど1年しかないわけで、いーシミュレーションができるな。松井・大久保がどんだけやれるのか楽しみです。

そのあとは、これこそ負けらんない東アジア選手権。アジアカップ王者らしー戦い方をして欲しいよな。

あーホントほっとした。さて仕事すっかビル
posted by KinG at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

アジア地区最終予選 日本 1-0 バーレーン

男っ!!

バーレーンが自国の気温にやられちゃうとは思ってもみなかったけど、内容なんかどーでもよし。アレックス・ヒデ・俊輔が次戦出場できないわけだけど、もー関係ないっしょ。ついに歓喜の瞬間まであと勝ち点1わーい(嬉しい顔)

ボクは昨日気合を入れるために会社の仲間と飲んだんだけど、気合入れすぎて、気づいたときは前半終わってました眠い(睡眠)すんません。水曜日はこんなことのないように気を引き締めます手(チョキ)

つか川添はマイナス思考の固まりかexclamation×2やはり、後半1分でも「ワンチャンスありますよぉ」と叫ぶ安太郎氏に最後の解説はお願いしたい映画

さっ次だぞぉっexclamation×2

追記
やはり能活の反応が悪い。次戦はナラでいったほーがいーと思うな。
posted by KinG at 23:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

アジア地区最終予選 日本vsバーレーン 直前総括

よいよ当日です。

小笠原の1.5列は色々批判もあるみたいだけど、
 ・ヒデをボランチに下げ、ディフェンスを充実させる
 ・柳沢とのコンビネーション
 ・イナジュンのスタミナ問題
とかからの判断ぢゃなかろーか。

で、ボクなりに直前総括してみます。

合展開
バーレーンはカウンターとゆースタイルは変えないだろね。前半を0-0で乗り切り、後半勝負か。日本は前半の戦い方が問題かなと。ボール支配は出来たとしても、得点できなければ、スタミナの面からも後半がつらい。ジーコの場合、後半アタマからの選手交代はほぼしないので、始めの10分、あと、選手交代をするであろう残り15分がポイント。特に、ボランチ以下については、スタメンですら、いまだ、マークの受け渡しに不安がある状態なので、できれば、90分乗り切ってほしいなと。


ココ数年で海外に行く選手が増え、練習する時間が減ったことから、とにかく意思の疎通が出来ていない。したがって、キラーパスは通らないし、結果足元へのパスが非常に多くなってしまうわけね。今の代表にボールキープできる選手なんて、あんましいないわけで、出し所に苦しんだ末の横パスとかをスティールされちゃうわけだな。
高さとゆー点でも、中澤あたりしか期待できない。
でね、ボクは点が取れるとしたら、次の2パターンしかないと思ってる。

1. ミドルシュート(もしくは2ndこぼれ球狙い)
2. 俊輔フリーキック

とにかく、下手にボールを取られるよりは中距離からバシバシ打つこと。ディフェンスを考えても最善の策かなと。


ボランチとディフェンスの間がポイント。最終ラインは中澤がいることで、ハイボールにも対応できるし、キリンのときよりは安定感はあるかなと。ちょっと付け加えれば、最近能活の動きがモサい。大舞台で時々見せる神業が出れば、流れも持ってこれると思う。


負けてないときのストラテジーは決めとくべきだなと。特に同点の場合、流れにもよるけど、攻めるのか、守るのか、試合前にはっきり伝えるべきだね。
あとは、どの時間帯にあっても消える選手をよく見ておく必要があるな。控えもアップは早めにしとく必要あり。

っつーことで、色々、あるけど、要は勝ちゃーいーんさっ!

気合入れて応援しようぜexclamation×2
posted by KinG at 14:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

中田FW起用か?

いに誰もが見たかったフォーメーションが実現しちゃうのでしょうか?
30日の練習では・・・

GK 川口
DF 中澤・宮本・田中
MF 小野・福西・加地・三都主


とのこと。トップ下の俊輔は固定だと思うので、そーなると、FWは鈴木、そして中田起用か?とゆー関係者の話です。

ジーコもこの3年で初めてとゆーくらいの本気モードに入り、自分自身の去就も賭けて、戦う姿勢を見せていますパンチ
posted by KinG at 17:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

Here is the battle of do or die.

なんだか色々盛りだくさんな週末だった。

ィープインパクト5馬身差圧勝!無敗2冠
武に「感動した」と言わせたディープインパクトの走りは、ルドルフ、ブライアンの系譜を継ぐ歴史的名馬の誕生だなと。強いだけの馬は数多くいた。だけど、スタートでミスっても448kgの小さい体躯を伸ばし、上がり3F33.4secとゆー過去10年で最速タイムを刻んじゃうあたりに稀有の素質を感じるよ。ブライアン以来の3冠奪取、ルドルフ以来の無敗3冠馬誕生はほぼ間違いないっしょ。武が英雄と名付けた最強馬は、秋に至極の楽しみを残してくれましたわーい(嬉しい顔)

ロンソ、逆転勝利で今季4勝目!
キミ・マクラーレンの右フロントサスはわずか1周及ばなかった。あんだけアロンソにプッシュされちゃ、セーフティーにはいけないし。ウチもそのおかげでなんとかトゥルーリがポイントゲット手(チョキ)できたんだけどね。それにしても、ミハエルの鬼神の走りは今後、不気味だなぁ。モントーヤをオーバーテイクする時、完全に進路消したからね。サンマリノGPでアロンソに仕掛けなかったことで、皇帝もココまで、とかゆー話も出たけど、今だ健在だなと。

本、UAEに0-1で敗れる キリンカップ
さて、本題。昨晩、Get Sportsもチェックしたんだけど、とりあえず堀池はオームかよexclamation&questionみたいな。。。
それにしても、積み重ねてきたものの確認をし、勢いを付けてバーレーンへ望むはずが・・・とゆーリザルトだった。ちょっと呆然っすがく〜(落胆した顔)決定力だとか、ボランチとディフェンスのマークの受け渡しだとか、いつからの課題なのよと。

ボクはね、もちろん、週末のことは当然、胃が痛くなるほど、気にかかってるんだけど、それ以上に2006年以降、どーなっちゃうのかなぁと思うわけさ。それもこれも谷間の問題だと思ってる(下ネタではない)。オリンピックで決勝ラウンドに行けなかったU-23のことね。
この半年、今のA代表を脅かす選手を一人も送り出すことができてない。怪物のいるU-20を思えば、ホントに痛いなぁと。山本昌邦の責任は大きいぜと思うんだよね。中澤が怪我なら那須だとか、加地が無理なら直だとかさぁ、突き上げがないから、小ぢんまりしたチームなわけさ。ホントChoiceが少ない

いずれにしても、この最終予選は現メンバーでいくしかないわけだし、そこは腹をくくろう。唯一、ドイツキャンペーンボーイがバーレーンに行けなかったことが救いかなぁわーい(嬉しい顔)キーマンは中澤と俊輔。8月のイラン戦でカズ・ゴン2トップを実現できるように・・・この週末は大一番です。

追記1: つか、仕事どころじゃありませぬ。スタメン予想の話なら一晩でも話せそうです。
追記2:ところでバンナって「ひ・で・ぶ」の「ひ」くらいいってたけど、大丈夫なんだろか?パンチ
posted by KinG at 11:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

ジーコ日本ロスタイムに失点

張感のないゲームだなと。
4コーナー曲がったあとのシーザリオのほーが、勝つことへの執念を持っていたよーに思えます。

恐らく次のUAE戦には海外組も加わり、いよいよ、本番モード突入って空気になるんだと思うんだけど、今日みたいな目的が今ひとつはっきりしないゲームはやっちゃいかんぜ。もちろんキリンカップとゆー大会ではあるがこの際、2連覇なんてどーでもいー話だ。まず、個人がバーレーン戦への切符を手に入れるとゆーレベルで捕らえないとな。

この段階で新しい選手を呼ぶ必要はないが、思い切って、久保をベンチに置くだとかはして欲しかったかなサッカー
posted by KinG at 16:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

アジア地区最終予選 日本 1-2 イラン

敗因はジーコの采配ミスだろう。 選手起用にはコンサバなジーコがなぜ、4-4-2をこの2戦目に持ってきたのか?タメを作れない高原だとか、 何度滑ってもスパイクを履き替えない玉田だとかのことはどーでもいい。ジーコは戦前、中田に対して「歯車になって欲しい」と言っていた。 じゃーなんで3-5-2の右サイドとして起用しなかったのか? 4-4-2は中田フォーメーションでしょ?アジアカップを制し、 深刻な問題も顕在化しているわけではない3-5-2を捨ててまで、ここで自ら動く必要性があったか?
これで早くも「絶対に負けられない戦い」 を迎えることになってしまった。3月30日埼玉スタジアム。もはや単にワクワクしながら待つなんてことも出来ない。当日、 14:30まで会議とかなんだけど、レプリカユニフォームに着替え、タオルマフラー巻き、気合を入れて会場に行こうと思います

追記
HAPPY BIRTHDAY!バースデー
posted by KinG at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中田英・小野・稲本が復帰 サッカー日本代表

昨日、いよいよ正念場のイラン戦(3/25 A)、バーレーン戦(3/30 H)のメンバーが発表されました。

----------------------------------------------------------
<GK>
楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)、曽ヶ端準(鹿島)

<DF>
宮本恒靖(G大阪)、三都主アレサンドロ、坪井慶介(浦和)、三浦淳宏(神戸)、加地亮(FC東京)、田中誠、茶野隆行(磐田)、松田直樹、 中澤佑二(横浜FM)

<MF>
中田英寿(フィオレンティーナ)、小野伸二(フェイエノールト)、中村俊輔(レッジーナ)、中田浩二(マルセイユ)、稲本潤一(カーディフ・ シティ)、遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(鹿島)、福西崇史、藤田俊哉(磐田)

<FW>
鈴木隆行、本山雅志(鹿島)、玉田圭司(柏)、高原直泰(ハンブルガーSV)、大黒将志(G大阪)
----------------------------------------------------------

ニュースではヒデの話題で持ちきりだけどいわゆる海外組とアジアカップを経験した国内組がどーゆー相乗効果を見せるのかが、最大の関心事だね。 ジーコ就任当初は海外組中心だったけど、正直、かみ合ってなかった。国内組中心となると、 前回の北朝鮮戦みたいに膠着状態を打破できないといったリスクもある。そーゆー意味でも17日からのドイツ合宿はすげー重要だな。

ボクもテンションを上げるため、World Sports Plazaで代表レプリカユニフォームを買ってきた。いまんとこ背番号は空白。 この2試合で誰の名前を入れるか決めようと思うよ。

----------------------------------------------------------
3月14日 九郎義経への道#007

1. ジョギング(5.57km)
2. ベンチプレス(3セット)
3. ワンハンドローイング(15kg x 10回)
4. サイドレイズ(9kg x 6回)
5. アームカール(9kg x 20回)
6. キックバック(9kg x 6回)
7. スクワット(15kg x 10回)
8. レッグカール(45kg x 20回)
9. カーフレイズ(100回)
10. シットアップ(30回)
11. バックエクステンション(55kg x 20回)
12. タンニング(15分)

<時間>1.5時間
<体重>80.9Kg
----------------------------------------------------------
昨日ジム行ったらさぁ「アルカリ電解質水」の試飲会やってたのさ。 30分がっちり走ったあと、水飲みに行ったら、つかまっちまったわけ。
「このアルカリ電解質はですね、非常に粒子が細かくてですね、体内への吸収力が高いんですね」
「これを飲みながらですね、運動していただくと、疲れが残らないんですね」
いちいち語尾に「ね」をつけるしゃべり方って誰かいたなぁ・・・と・・・あー報道ステーションの福田だ、とか、思いつつ、聞いてたんだけど、まぁ、そいつが、 めっさ太ってて説得力に欠ける」とはこのことだとか思ったひらめき

posted by KinG at 10:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜M30億円でジダン獲り

サカつくの話ではありませぬ。 ゴーンがゴーサインを出した模様で、他にもネドベド(ユーベ) もリストアップしてるらしい。ジズーは07年までレアルとの契約が残ってるんだけど、欧州CLも負けちゃったし、 シーズンオフはかなりの改革が予想されるわけで、まったくない話でもないみたいだ(どっちやねん)。まじ来たらやばいっしょってことだな
サッカーといえば、明日、イラン戦とバーレーン戦のメンバー発表だね。注目はヒデだな。どーやら、 Nakata.netで彼が出場したセリエの試合がDVDで発売される模様。おっ? なんだこのタイミング。ついにイタリア出ますか?以前からプレミアにとゆー話はあったし、 ヒデのスタイルもセリエよりあってるでしょ。日本人ってキチー環境が自分のためになる的な考えするけど、ボクはそーじゃないと思う。 経験することは大事だけど、で?ってゆー気がする。 スピード感を持って、自分で動くこと。そっから何か見つかると思うんだ目

posted by KinG at 10:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

アジア地区最終予選 日本 2-1 朝鮮民主主義人民共和国

のまま引き分けてたら死んでたかもしれません。

個人の能力、組織どれをとっても、レベルの差は歴然としてたね。あのゴールは中西氏もゆってたけど、センタリングの蹴り損ないだね。蹴る前、ゴールじゃなくて中見てたし。あんなフェークはトッティでもできませぬ。あと北朝鮮のゴールキーパーとかちょっとやばいわ。全部、パンチングしちゃってるし。おかげで、大黒のゴールが生まれたわけだけども。さて、じゃーなんで、ここまで苦戦したか?ボクの考えはこうです。

1. 前線・・・特に、鈴木・玉田が高い位置でボールを奪うことができなかった。てか、一番期待していたディフェンシブな動きがまったく機能しなかった。
2. 北朝鮮が早めに9番を投入したことで、DFラインの押し上げによる「コンパクトな中盤」を形成できなかった。
3. で、小笠原とボランチの間が開き過ぎて、中盤で「タメ」を作ることが出来なかった

小笠原については、あのFKはほんと感動したし、悪くはなかったと思う。ただし、彼はパサーであって、キープしてドリブルするとか、個人で展開を変えられるタイプじゃない。つまり、ボランチだとかFWのフォローがあってこそ生きるんだと思う。実際、俊輔が入った途端、かみ合ったしね。

大黒については・・・ちょっとホトちゃんに似てるけど(笑)・・・ラッキーボーイだったね。こーゆー大会では絶対必要な人材です。直前の練習試合で後半だけでハットトリック!これなかったら、本山がベンチ入りしてた可能性高いと思うんだよね。ゴール感覚いーよな。

さて、次は大一番です。この6試合の中で一番難しいゲームだと思う。しかもアレックス・田中が累積で出れない。特にアレックスがいないとゆーことは、ゲームプランを変えざるを得ないと思う。Awayなんで引き分けで十分とかゆー人いるけど、トルシエ時代から日本はそーゆーサッカーはできてないし、やっても僅差で負けることが多いので、勝ちに行くサッカーしないといかんね。

  高原
     ヒデ
   小笠原
 中村   加地
  遠藤 福西(稲本)
中沢 宮本 中田(坪井)
   川口

あくまで希望だけど、ヒデを是非FWもしくは1.5列で使って欲しい。彼が司令塔に入るってのは、あと一ヶ月あるものの、連携が難しくなると思う。このフォーメーションであれば、彼がDFをひきつけて、小笠原・俊輔がポジションチェンジを行なうことで、チャンスが広がるんじゃないかと。
しかし、コンサバなジーコのことだし、トップは高原・鈴木なんだろなぁ。その場合、司令塔は小笠原だろ。ヒデは昨日の俊輔みたいな使い方になる・・・と。あと、小野ちゃん・大久保のコンディションも気になるし・・・。

とまぁ、また一ヶ月楽しくお酒が飲めそうです。

最後に!高原!昨日もはずしまくってたけど、確かに君は雰囲気ありました。この際、認めてあげるから、今までのこと全部謝れ!そしたら許してあげますパンチ
posted by KinG at 10:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

アジア地区最終予選 vs朝鮮民主主義人民共和国(H) あと2日

末サッカー関連のニュースはすべて見尽くした。ボクの結論は5-0で楽勝だと考えている。負ける要素はないに等しいね。
相手は軍隊だぜ。戦争するわけじゃないし、こっちはJリーグというプロ組織の上に成り立った代表なわけだ。もし万が一、負けるようなことがあれば、Jリーグなんてやめたほーがいい。ましてや、李漢宰・安英学なんて知ってた?所詮、その程度の選手が中盤を固めるチームなのさ。むしろ、次のイラン(Away 3/25)をどーすっか?ってことのほーがでかいっしょ。

川渕キャプテンはフジサンケイビジネスアイ(2/7)の取材に「もしW杯に出られなくても、Jリーグは地域に根ざしているので影響はない」とかゆってたが、んなわけねーだろ?つか、そーゆー甘い考えはトップとしてゆーべきではない。「私の進退をかけてます」ぐらい言えよ。

あと、高原!「スタメンじゃなきゃ行きたくない」・・・来なくてよろしい。必要ありません。君は所詮、久保が直るまでの代役なので、その辺、勘違いしないよーに。

ってことで、なんにしても、あと2日だ。もー仕事が手に付きませんっ。

追伸
ボクの病状お知らせします。土曜日に原田クリニックってゆー別の病院に行ってみた。そこの先生は、土曜ワイド劇場の財閥令嬢のフィアンセみたいな人だったのだが(最初犯人っぽいのだが、22:00くらいに殺される役ね)、胃腸科専門ってことで非常に的確に診ていただいた。やはり、ウイルス系らしーが、あと数日で直るとのこと。今もまったく直ってませんが、それを信じます、先生!水曜日には祝杯をあげなくてはなりませんからビール
posted by KinG at 14:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリンチャレンジカップ2005 日本 3-0 シリア

笠原の評価難しいなぁ。やっぱ、気になるのが、前半みたいな膠着状態になったとき。状況打破できるタイプじゃないと思うんだよね。点入るとすれば、中澤のアタマかアレックスの左足くらいしか見当たらず、ちょっときびしーわな。北朝鮮は恐らく前半引いてくると思うので、ボールキープはある程度できると思うんだわ。ただ、前半0-0で折り返しちゃった場合がきつい。後半から俊輔投入して、間に合うか?っつーとこだね。でも、リスクは高いけど、海外組にケンカ仕掛けたんだし、結果も出したし、やらせてみてはどーだろか?

あとは宮本vs松田ね。この2試合で比較すれば松田で決まり。昨日の試合の宮本は、ボランチとのマークの受渡が悪すぎた。自分でつっかけて、抜かれてるシーンもあったし、あれやられたら決定的になるからな。あと、北朝鮮は精神的なトコを全面に出してくるはずだし、松田のメンタリティの強さみたいな要素も必要だと思う。

ってことで、NK戦スタメン予想です。

  鈴木 玉田
   小笠原
サントス 加地
  遠藤 稲本
中沢 松田 田中誠
   川口

いずれにしてもサイドから崩すしかないし、加地がカザフ戦以上に前に出れるかがポイントじゃないだろか?
そして、今日メンバー発表予定!
ヒデは呼ばないとみてるが、この半年に渡る最終予選を考えたときにどーなんだろ?とゆー気もするね。いずれにしても楽しみに待ちましょうグッド(上向き矢印)
posted by KinG at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

キリンチャレンジカップ2005 日本 4-0 カザフスタン

ず驚いたのは遠藤の顔が丸かったこと。
合宿でフィジカルトレーニングをがっつりやってきたはずなのに。あと、毎度、思うのだが、彼に似合う髪形はなんなんだろうと。「すいませーん、新日時代の佐々木健介みたいにしてくださーい」とオーダーしたとしか思えない。ananによれば、ヒデは一回のカットに30万かけてるんだぜ(スタイリストの渡航費込)?W杯本戦までに彼に似合うヘアスタイルを提案してあげよう。

と、FW鈴木師匠のコケ方は芸術の域に達してきた。
あのイエロー取らせたとこなんて、新喜劇並み!そんなことも含め、FWのレギュラー争いは、もはや、師匠の相手探しになっている。運動量もあって、ポストもできるとなると、高原じゃ合わない。やはり、玉田か、個人的には達也とのコンビネーションが見てみたい。

この試合を見ると、去年のアジア杯でこのチームは別のステージに入った気がする。召集タイミングが厳しく、コンディションの上がらない海外組を無理使いする必要はないわな。ものすごく大きいことなんだけど、ヒデがベンチスタートするとゆー可能性すらある。要は小笠原次第なんだけど、及第点だったと思うし、何よりもゲーム前のコメントがいい!
直前に誰かが来て、ポジションを奪われるのは残念。このメンバーでいいと思わせるようなプレーをしたい
鹿島では世界レベルのプレーを見せるのに、代表では萎縮しまくり。でも、彼にとって最大のチャンスだな。三都主が精度の高いFKを打てるとなると、俊輔すら微妙だぜ。いずれにしても、次のシリア戦(2月2日 埼玉スタジアム)を見てからってことだなサッカー
posted by KinG at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Go for 2006! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。