2006年03月13日

Rd1 バーレーンGP

だのテストセッションだったなとあせあせ(飛び散る汗)

2台の戦略を変え
完走による情報収集が行なえたことが、
唯一の成果


まるで、2004年シーズンのよーですふらふら

やっぱね、ミシュランで開発したクルマを
BSで走らせるってとこだわな。

今シーズンのレギュレーション変更のインパクトを考えれば、
現場としては、ミシュランで行きたかったはず(あと1シーズンあるわけだし)。

タイヤの重要性を考えれば、
1シーズン、
平行で開発に充てる価値はあったと思うけどね。

まぁ、この辺がビジネス的な判断とのギャップなんだろーとか思う。

レース後のヤルノ・ラルフ・ガスコインの話を聞く限り、
この問題はすげー時間がかかりそーですあせあせ(飛び散る汗)

同じ境遇のウイリアムズが結果を出しているとこを見ると、
情けない気もするし、
AGURIを笑ってる場合じゃなくなってしまったなとバッド(下向き矢印)

BSも来年からは、One Makeで行くわけだし、
いつまでもフェラーリだけに、
重心を置かれたら困るんですけど・・・とか思いますどんっ(衝撃)
posted by KinG at 10:29| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

F1 World Championship 2006開幕

ぽると、ムカつくわちっ(怒った顔)

編成に作為的なモノすら感じるね。

ウチ去年、コンスト4位っすよexclamation&question

同じ日本人ってことだけで、
応援しましょう的なノリなんて、無理あり過ぎ。

むしろ、4年前のシャーシを着て、
最高峰の舞台に立っちゃうかっこ悪さを感じるべきさ。

ドライバーだって、去年のシーズンでわかったじゃんexclamation&question
そのレベルにないんだから、出ちゃダメだってたらーっ(汗)

てことで・・・
いよいよ今日からシーズン開幕グッド(上向き矢印)

レギュレーション変更も色々あるわけだけど、
V8がね、やはり、ポイント。

Rapは最終的には、V10と変わらなくなると思うんだけど、
いつも新車投入の遅いチームも仕上げてきてるからねあせあせ(飛び散る汗)

いずれにしても、渡辺社長もおっしゃってるとーり、

今年は優勝することが大変重要

なわけです。

特にチャンスは序盤3レース。
まずは、バーレーンに大注目したいと思います晴れ
posted by KinG at 10:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ミハエル 2007年シーズン トヨタ移籍か?

F1では常に驚きがある

ウェーバーマネジャー

年初にはライコネンの2007年シーズントヨタ移籍が報道されたりと、
恐ろしく気の早い話なんだけどね。

確かにミハエルの場合、
今シーズンでフェラーリとの契約が切れるわけで、
可能性としてはあるかなと。

ただし、この手の話はよくあるのと、
ミハエルに限って言えば、フェラーリに対して、
「今シーズン、ちゃんとしてんくんないと辞めちゃうぜ」
ってメッセージなんじゃないかなぁと思うわけだ。

昨シーズンは、インディアナのみっともない勝利しかないし、
そりゃ、自尊心もボロボロだからねexclamation&question

まぁいずれにしてもライコネンの動向次第だな。
押し出されるのがミハエルなのかヤルノなのか、
シーズン以上に興味深い話っす車(セダン)

追記

それにしてもセロすごくねあせあせ(飛び散る汗)
あっ・・・マジックの話ねぴかぴか(新しい)

1. 新しいトランプを開けます(ビニールラッピングアリ)
2. カードを箱から取り出します
3. ゲストに1枚選ばせ、サインを書かせます
4. わかりやすいように折ります
5. カードの束に戻します
6. ゲストにカードの束を持たせ、手で隠させます
7. 指を鳴らすと、カードが1の状態に戻ってますexclamation×2
8. 改めて、箱を開けると、中に、先ほどのカードが入ってますexclamation×2

このパターンって、タバコでも見たことあんだけど、

・・・こん時は、自販機でタバコを買い、開けてみると、
その中に、お札が入っているとゆーマジックたらーっ(汗)・・・

ラッピングされた中に、
カードやらお札が入っているとゆーのがポイント眼鏡

そーとーディナーショーに行きたいんですけどバー
posted by KinG at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

Round 19 中国GP 決勝

え、車がびゅんびゅん走ってて何が楽しいわけ?
minaのおいしい毎日 より

そーなんすバッド(下向き矢印)
これは、今や、今宮さん・川井ちゃんを師と仰ぐボクが、F1参戦以前に発したコメントなわけで。

そーなんすバッド(下向き矢印)
ぶっちゃけボクは2002年のシーズンからしか見てませんあせあせ(飛び散る汗)

でね、飲みに行ったりして、知り合いとF1の話をすると、ボクの馬脚が現れてしまうわけっす。

「あーF1ね。セナは当然だけど、ハッキネン好きだったなぁ

名前しか知らねぇぇぇぇぇぇたらーっ(汗)
なんだっけ・・・ヤツはなんて言われてたっけ・・・あわわわわ・・・(オバラ風)え〜と、セナ音速の貴公子とかだった。古館が言ってたし。え〜ヤツはなんだっけな・・・あわわわわ・・・確か、飛びそうな名前だった・・・

「あ〜シャイニング・ウイザードだろexclamation&question

それ以来、ボクは昔F1好きだった系と話をするときには

雨の中島すごかったね〜

とゆーよーにしてる。何のことかよくわからんが、5分は会話が持ちます手(チョキ)

あと、こないだ、前の会社の後輩から、ボクが当時、神をも恐れぬ発言をしてたと指摘されたわけで。

セナってさぁ、結局、運転下手だったんしょexclamation&question
とか
「つか、F1マシンなんて、要は、人が乗るじゃんexclamation&questionそいつのサジ加減じゃん。競輪と一緒だわ。ある意味。それに比べて、競馬はいーわ。ブラッド・スポーツだぜ。何代も血が受け継がれて、今に至るんだぜ。男のロマンだわ
とか
「じゃーお前がそこまでゆーなら、セナ連れて来いexclamation×2ウチのナリタブライアンと府中3,000mで勝負したるわexclamation×2絶対、負けない自信あんぞexclamation×2乗せちゃうし」
とかねあせあせ(飛び散る汗)

・・・・・すいませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

追記

それにしてもすげーいーシーズンだったなわーい(嬉しい顔)
来年こそはポデゥームの真ん中狙うぞexclamation×2

RSS feed meter for http://cyborgfactory.seesaa.net/
posted by KinG at 11:34| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

Round 18 日本GP 決勝

Suzuka
タン→3ストップとゆー戦略がまったくはまらず、ラルフ 8位(1Point)ヤルノ リタイアとゆーリザルトだった。

ボクらにとっては、期待はずれの決勝だったんだけどもうやだ〜(悲しい顔)、SCが入るまでのラルフは10sec以上のマージンを稼いでいたし、TF105Bの可能性は十分感じさせてくれたんじゃないかと。

それとなんつっても、キミのオーバーテイクexclamation×2レギュレーションのせーで、ピット戦略がすべてみたいな展開になりがちのシーズンにおいて、F1やべーなわーい(嬉しい顔)みたいに思える瞬間だったとか思う。

それにしても・・・琢磨クンね。

「このサーキットには危険な人物がひとりいる。この数年間僕達はそいつを見てきたよ」
「ドライバーの同盟としては何らかのアクションを起こすべきだ。なぜなら彼の走りはありえないものだからだ」
「彼に話すことは何も無いよ。だって彼は以前にも同じことをやっていて、それを繰り返しているんだからね」
「つまり彼は今後も今のやり方を変えることはしないだろうということだよ」

ヤルノがキレるのもしゃーない。1周目もバリチェロとかぶっちゃったし。彼の走りはアグレッシブだし、そこが「サムライ」とかゆわれちゃう所以なんだけど、あれは紙一重だよなぁ。レギュレーションのすべてがSo Safetyに向かう中、あーゆー位置取りやオーバーテイクのタイミングを取ってたら、いずれ、大惨事も起こる。

昨日のスポーツニュースは残念ながら見てないんだけど、モータースポーツがマイナーな日本においても、彼を正当に評価しないといかんのじゃないかと思う。あんなんがジャパンパワーだとしたら、世界中から笑われちゃうぜ。

でね、この写真はパドック・クラブで撮影したものなんだカメラヤルノがリタイア後の記者会見をしてるとこさ。ホリさん、オバラさんありがとーございますわーい(嬉しい顔)一生モンの思い出です手(チョキ)

追記
帰りの東京駅で矢追純一見ました。かなり、しょぼくれてたので「オレ・・・UFO信じてますっ」とか言ってやりゃー良かったかなと。
posted by KinG at 15:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

Round 18 日本GP 予選

いに、歓喜の時がやって来るexclamation×2

ドライで走れるとしても後方に沈んだマクラーレン2台の前にはアロンソ、その前にはミハエルがいるし、追い上げはかなり厳しいはず。
トップ5ではジャンカルロが速いけど、コンストを考えれば、無理に勝つ必要もなし。
・・・ってことは、ホンダとの一騎打ち・・・んでついに・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

明朝、鈴鹿へ行ってまいります新幹線

追記
exclamation&question
ナカタコの横パスはやめてくれって言ってたっしょexclamation&questionまただよちっ(怒った顔)
posted by KinG at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Round 18 日本GP フリー2

ンタ トップexclamation×2 ルフ 6位 ゥルーリ 7位

ついに飛躍のシーズンを締めくくる大一番が来た(上海もあるけど)。コンスト3位のフェラーリとは17ポイント差なわけで、バリチェロの成績にもよるが、射程圏ってことだなわーい(嬉しい顔)

思えば、Rd 2 マレーGPで歴史に残る初表彰台をゲットしてから、まさしく「着実に」とゆー言葉にふさわしいリザルトを刻んできた。

実は、もー鈴鹿がどーであれ、ボクは満足だったりするんだけど、唯一、やっていないW表彰台ってのをこの際、見てみたいなと。
フリー1でキミがエンジン交換しており、10グリッドダウン。まぁ、ルノーマクラーレンもコンストで争ってるし、気の抜いたレースはしないんだろーが、チャンスは十分にあると思う(モントーヤのエンジンも燃える可能性あるし)。

ってことで、仕事しなきゃいかん3連休ではあるが、明後日、鈴鹿に乗り込みます新幹線

追記 1
日々、24 シーズン3のおかげで、寝不足気味眠い(睡眠)
それにしてもあの「3粒でexclamationハッexclamation一時間exclamation×2」のCFはなんとかならないものかと。ノイローゼになりそーっすもうやだ〜(悲しい顔)

追記 2
巨人が新コーチ陣発表
お・尾花いないんすけど・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by KinG at 17:25| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

Round 11 イギリスGP 決勝

曜日にEmiのWedding Partyがあったんだけど、思いがけない方を紹介していただいた。F1-Live.com日本語版を管理・運用されている会社のしゃっちょさん(タンジェントくん風)ね。もちろん、初対面ではあるのだけど、ボクは実は前から彼のことを知っていたのだ目
数年前、割とフリーな立場で仕事をしてるときに、F1-Live.comのローカライズの権利をめぐって、直接ではないけれども、競ってたわけ。結果、彼がドライバー出身ということもあり、負けてしまったのだけど、こんな風にお会いできるのは、やっぱなんかの縁的なものを感じちゃうね。と同時に、彼の成功を見ると、目の付け所は間違ってなかったし、やはり、ポイントはスピードなんだなぁと改めて思った。
あれからちょっと時間も経ち、ボクの立場も変わったので、新しい関係でビジネスができれば、とても、幸せなことだと思うんだよね。

さて、シルバーストーンは相変わらずのレースペースで、見所なしたらーっ(汗)マクラーレン→ルノー→フェラーリ・・・その次くらいのポジションって感じでしょうか?ホッケンハイムあたりで、レースペースの問題が改善されないとなると、今シーズンはこんなとこかもしんない。過去を振り返れば、このリザルトは賞賛に値するんだけどねバッド(下向き矢印)

ってことで、Emi-sanおめでとうexclamation×2White Bandもありがつ手(パー)
また、チャットしよーぜsoon
posted by KinG at 13:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

Round 9 アメリカGP 決勝

気読めよexclamation×2モンテイロパンチ

FIAとミシュランにもーちょいマシな妥協点って見つからなかったのかなぁ。年に一回のF1サーカスだし、ファンがキレるのもわかる。が、物投げちゃいかんぜexclamation×2命かかってんだからちっ(怒った顔)ウチとしては初PPだったし、重ね重ね残念だもうやだ〜(悲しい顔)
それにしても新レギュレーションになって、タイヤ交換が認められないことから、タイヤがレースを左右するといってもいーくらいになっちった。これはエンジンも含めて、スピードを抑制するとゆー安全性の見地および開発コストの抑制ってことなんだろーが、ニュルのライコネンもそーだったけど、それ自体が新たなリスクになっちゃってるって思うわけさ。
昨日の予選時点でミシュランのタイヤリスクは全ドライバー認識していて、そのうえで、例えば、トゥルーリだとかゾンタは337kmを出してるし、全員がフルアタックしてるんだよね。そーゆー彼らのものすごさをシンプルにレースに反映できるレギュレーションであって欲しいなと。
モナコでのトゥルーリのオーバーテイクだとか、サン・マリノでのアロンソvsミハエルみたいなレースを楽しみたいわけで車(セダン)


ンフェデレーションズカップ ドイツ2005 日本 1-0 ギリシャ

でね、朝5:30に起きたのに、インディアナポリスがこんな状況だったので、引き続き、ギリシャ戦見ちゃいました(ほぼ倍速次項有)。

ギリシャはユーロの面影もない試合っぷりで、日本がゲームを支配して当然だった。ボールポゼッションも52%とかゆってたし。
毎回ダメ出しして恐縮ですが・・・玉田ボロ過ぎちっ(怒った顔)飛び出しとドリブルはいーんだけど、打つ時の体勢がひどすぎ。あれじゃ入らんわな。ヤナギ&大黒でいーでしょ。
遠藤のポジション面白かったな。倍速なのでよくわからなかったけど次項有彼のいいところは視野の広さとバランスの良さだと思うわけ。新しいオプションかもね。
あとは加地クンね。どしたんだ?すごすぎだぞわーい(嬉しい顔)倍速なのでよくわからなかったけど次項有

で、ブラジルがよりによってメキシコに負けちゃったおかげであせあせ(飛び散る汗)絶対に負けられない戦いになっちまった。お互いね。木曜日を棒に振ってでも見ようと思いますサッカー
posted by KinG at 10:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

Round 9 アメリカGP 予選

ポールexclamation×2
見逃しちゃったけどもうやだ〜(悲しい顔)

前日のラルフのクラッシュでミシュランユーザが相当ナーバスになっている中、トップで出走したゾンタが13番手。そして、10番手出走のトゥルーリがチーム初のポールポジションをゲット手(チョキ)セク2がかなり遅いのが気になるんだけど、軽タンってこともないと思うし、セッティングがバシッと決まったんだと考えるか。スピードトラップも速いし、蓋をしちゃうよーな走りにはならんだろな。あとはデュパスキエ次第。
決勝は明朝3時っす眠い(睡眠)

exclamation・・・
1時からコンフェデじゃんサッカー
んで終わったあたりでF1スタートじゃんわーい(嬉しい顔)


・・・・・無理です。一応、社会人なので。。。

追記
CSの再放送見ました。ダウンフォース削ってたわけか。セク2が遅いのも納得。「直線番長」再びってとこだね。いやーどーなんだろ。戦略あってのことだとは思うけど、時期が時期だけに(株主総会月間)一発やったろかexclamation×2みたいなノリじゃないよなぁ。
セク2じゃ抜けないだろーし、セク1・コントロールラインは抜群のスピードだし。軽タン→3ストップとは思いたくないんだけどね。いずれにしてもタイヤがもてば、悲願達成かもしんない。もー寝ちゃって、備えるかなぁ眠い(睡眠)
posted by KinG at 11:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

Round 4 サンマリノGP

ェラーリの当面の敵はトヨタ

「彼らはきっと復活する。だが、現時点では私たちに対して大きな遅れをとっているし、ルノーはそのもっと先にいる。もし彼らがルノーと世界選手権を争うことを目指しているのなら、まず私たちを抜いていく必要がある。そしてそれはかなり難しいだろう。決して簡単な仕事ではないはずだ」by ガスコイン

夢のようですもうやだ〜(悲しい顔)今まで言いたくても絶対言えなかったし。

ちなみにボクが成功の暁に言ってみたいことは・・・

1.「あっイチロー、醤油とってくんない?」
2.「松井ぃ、オレ、久米仙ロックでいーや」
3.「ヒデさぁ、歌広カラオケ空いてるか見てきてくんない?5人ね」


とかです。

いよいよフェラーリのHomeで闘う時がきました。ティフォジに縁石を上手に越えるとこ見せてやるexclamation×2
posted by KinG at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

Round 2 マーレーシアGP 決勝

勝ったどぉっっっっっ!
・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
すまん。感無量で言葉が浮かばん。張さん、ボクの気持ちを代弁してください。

「初の表彰台を目指すという今年の目標が、第2戦のマレーシアグランプリで実現出来たことを心から喜んでいる。 応援をいただいた多くのファンの皆様に感謝申し上げるとともに、ヤルノ・トゥルーリの素晴らしい走り、そして、 それを支えたスタッフの健闘を讃えたい」

張 富士夫 トヨタ自動車株式会社社長

そーだろ。そーだろ。ぐすん。ヤルノにLexusプレゼントしてくれ。いやLexus店をプレゼントしてくれ。ちなみに、ヤルノがシャンパン・ファイトをやらなかったのは、 予選中に親友が飛行機事故で亡くなったからだそーだ。十字切ってたし、ポデュームでも天を指してたな。ぐすん。よく走った。

ホント感動でうまくまとまりません。まだ、始まったばかりだけど、最後に言わせてくれ!
泣いてもいーっすか?もうやだ〜(悲しい顔)

posted by KinG at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Round 2 マーレーシアGP Free 2

呆れるくらいにゾンタ君速いっすっ!!!
琢磨
バトンとの比較で言えば見劣りするなぁ。
ミハエルルーベンスのタイムを見るとエンジン温存っぽいかな。
まっメルボルンが、あーだったし、落ちつこ。。。
----------------------------------------------------------
Unofficial Results

1 F. Massa Sauber 1:35.608 19
2 J. Montoya McLaren 1:35.620 +0:00.012 13
3 R. Zonta Toyota 1:35.677 +0:00.069 30
4 K. Raikkonen McLaren 1:35.719 +0:00.111 6
5 R. Schumacher Toyota 1:35.838 +0:00.230 16
6 G. Fisichella Renault 1:35.841 +0:00.233 16
7 R. Barrichello Ferrari 1:35.949 +0:00.341 7
8 J. Button BAR 1:35.992 +0:00.384 19
9 F. Alonso Renault 1:36.103 +0:00.495 15
10 D. Coulthard Red Bull 1:36.575 +0:00.967 20
11 J. Trulli Toyota 1:36.841 +0:01.233 18
12 C. Klien Red Bull 1:36.968 +0:01.360 19
13 P. De La Rosa McLaren 1:37.033 +0:01.425 31
14 T. Sato BAR 1:37.044 +0:01.436 18
15 N. Heidfeld Williams 1:37.067 +0:01.459 17
16 M. Schumacher Ferrari 1:37.270 +0:01.662 22
17 R. Doornbos Jordan 1:37.878 +0:02.270 23
18 J. Villeneuve Sauber 1:38.121 +0:02.513 19
19 N. Karthikeyan Jordan 1:38.855 +0:03.247 21
20 V. Liuzzi Red Bull 1:39.349 +0:03.741 11
21 T. Monteiro Jordan 1:39.755 +0:04.147 18
22 P. Friesacher Minardi 1:40.940 +0:05.332 19
23 C. Albers Minardi 1:41.156 +0:05.548 16
----------------------------------------------------------

昨日「優しい時間」を見て思ったこと。
この際、アズじゃなくてもいーが

「あの人は優しくて、そして、寂しい人」

とか言われてみたい。

追記
言われたいなーと思うこと。

「生まれ変わったらお前になりたい」
「地球を守ってくれ」


忙しすぎて壊れ気味・・・猫

posted by KinG at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Round 2 マーレーシアGP Free 1

ゾンタトップタイム!34sec台!(ぬか喜びなのは知ってますが)
----------------------------------------------------------
Unofficial Results

1 R. Zonta Toyota 1:34.092 17
2 P. De La Rosa McLaren 1:35.144 +0:01.052 15
3 V. Liuzzi Red Bull 1:35.691 +0:01.599 18
4 M. Schumacher Ferrari 1:36.011 +0:01.919 13
5 J. Button BAR 1:36.513 +0:02.421 8
6 N. Heidfeld Williams 1:36.551 +0:02.459 7
7 K. Raikkonen McLaren 1:36.563 +0:02.471 6
8 J. Montoya McLaren 1:36.610 +0:02.518 5
9 F. Massa Sauber 1:36.963 +0:02.871 4
10 M. Webber Williams 1:36.989 +0:02.897 8
11 R. Schumacher Toyota 1:37.168 +0:03.076 5
12 D. Coulthard Red Bull 1:37.338 +0:03.246 8
13 T. Sato BAR 1:37.366 +0:03.274 9
14 C. Klien Red Bull 1:37.642 +0:03.550 9
15 R. Barrichello Ferrari 1:37.843 +0:03.751 4
16 J. Villeneuve Sauber 1:38.416 +0:04.324 8
17 T. Monteiro Jordan 1:39.571 +0:05.479 18
18 R. Doornbos Jordan 1:40.289 +0:06.197 20
19 N. Karthikeyan Jordan 1:40.375 +0:06.283 14
20 P. Friesacher Minardi 1:43.574 +0:09.482 18
21 C. Albers Minardi 1:43.691 +0:09.599 12
----------------------------------------------------------

関係ないけど、昨日「渡る世間〜」を見て思ったこと。
ボクなら「幸楽」は3人の従業員で回せると思う決定

posted by KinG at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Round 1 オーストラリアGP 決勝

ヤルノ9位 ラルフ12位
結果的に見れば、例年どおりだな。前半、ウェバーをかわしたデビクルが3位となり、うまい具合に後続をブロックしていて、いよいよ、 ポデュームかとぉ。この恵まれた展開で勝てなきゃ、いつ勝つんだとぉ(某元室長風)。
それにしてもヤルノの失速はものすごく疑問だね。区間タイム・ 区間最高速、どれをとってもラルフより遅い。セクター2の区画最高速はビリだぜ。プレスリリースでは、 ヤルノと富田会長がリアタイヤのブリスターが原因と言ってたけど、納得はできない。ガソリンの重量の影響とゆー話しも聞いたけど、なんだか、 早くも初戦で力負けか?とゆー気もする。
いずれにしても、Fly Awayの3戦はこのパッケージで望むらしーので、ドライでのレースを見て、今シーズンの展望を考えたいと思います。

あと、毎年、Doraで観戦するのは非常に楽しい。いつもアレンジしていただけるみなさん(皆さんと美菜さんの意)、 本当にありがとう♪今年も途中からただの飲み会になっちゃったけど、来年はシャンパンをかけ合おうぜ!ビール

posted by KinG at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Round 1 オーストラリアGP Free 2

うーむ。ゾンタは軽めで走ったんだろうな。 ラルフとトゥルーリはあんま差はないし、 セッティングを探してるって感じでもないな。マクラーレンはとにかく速い。ルノーは思ったほどでもなし。BARは琢磨がフロントウイング替えたりしてるらしく、ちと、ダメじゃねーかな。
----------------------------------------------------------
Unofficial Results

1 P. De La Rosa McLaren 1:25.376 28
2 K. Raikkonen McLaren 1:25.676 +0:00.300 14
3 N. Heidfeld Williams 1:25.940 +0:00.564 23
4 M. Schumacher Ferrari 1:26.081 +0:00.705 13
5 J. Montoya McLaren 1:26.227 +0:00.851 9
6 F. Massa Sauber 1:26.357 +0:00.981 13
7 F. Alonso Renault 1:26.562 +0:01.186 17
8 R. Barrichello Ferrari 1:26.639 +0:01.263 13
9 R. Zonta Toyota 1:26.808 +0:01.432 31
10 J. Button BAR 1:26.964 +0:01.588 23
11 D. Coulthard Red Bull 1:27.017 +0:01.641 17
12 G. Fisichella Renault 1:27.116 +0:01.740 19
13 R. Schumacher Toyota 1:27.162 +0:01.786 15
14 J. Trulli Toyota 1:27.195 +0:01.819 16

15 M. Webber Williams 1:27.329 +0:01.953 19
16 J. Villeneuve Sauber 1:27.513 +0:02.137 16
17 C. Klien Red Bull 1:27.891 +0:02.515 15
18 T. Sato BAR 1:28.415 +0:03.039 16
19 R. Doornbos Jordan 1:28.620 +0:03.244 27
20 V. Liuzzi Red Bull 1:28.926 +0:03.550 7
21 N. Karthikeyan Jordan 1:29.392 +0:04.016 25
22 T. Monteiro Jordan 1:29.671 +0:04.295 22
----------------------------------------------------------
明日の予定です(日本時間)。

7:00〜7:45 フリー走行3
8:15〜9:00 フリー走行4
11:00〜 公式予選1回目

雪もだいぶ小降りになってきたので、皆空窯に行ってきます雪

posted by KinG at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Round 1 オーストラリアGP Free 1

私は拓郎に厳しすぎたのかね・・・メグ」 とゆーよーな天気ですが、メルボルンの闘いは熱く!始まっています
----------------------------------------------------------
Unofficial Results

1 V. Liuzzi Red Bull 1:25.967 19
2 P. De La Rosa McLaren 1:26.480 +0:00.513 19
3 R. Zonta Toyota 1:27.265 +0:01.298 20
4 J. Montoya McLaren 1:27.425 +0:01.458 5
5 D. Coulthard Red Bull 1:27.573 +0:01.606 9
6 F. Massa Sauber 1:27.971 +0:02.004 5
7 M. Webber Williams 1:28.269 +0:02.302 10
8 J. Trulli Toyota 1:28.366 +0:02.399 10
9 J. Button BAR 1:28.632 +0:02.665 10
10 C. Klien Red Bull 1:28.834 +0:02.867 9
11 N. Heidfeld Williams 1:29.172 +0:03.205 9
12 R. Barrichello Ferrari 1:29.227 +0:03.260 5
13 R. Schumacher Toyota 1:29.285 +0:03.318 12
14 J. Villeneuve Sauber 1:29.332 +0:03.365 7
15 R. Doornbos Jordan 1:29.370 +0:03.403 23
16 T. Sato BAR 1:31.364 +0:05.397 9
17 T. Monteiro Jordan 1:32.348 +0:06.381 15
18 N. Karthikeyan Jordan 1:38.175 +0:12.208 6
----------------------------------------------------------
レッドブルはえーな。ウチはまずまずかな。琢磨ちとおかしいね。フェラーリとルノーがアタックせず。2回目は12:00-13:00(日本時間) です。

ちなみにLiveでチェックしたい人はココを見て。Javaのインストールが必要っす。 深く考えず"Next"をクリックしてくだけねモータースポーツ

posted by KinG at 09:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

「TF106はない」木下副社長

れた!昨日のすぽると見た?常にコンサバな発言しか繰り返してこなかったTMGがよーやく言ったかとゆー感じです。発言主旨としては「TF105が成功すれば、来シーズンはその改良型で臨める。もし、失敗したら、同じ人間がやっても同じ結果になるわけで、そういう意味で106はない」とのこと。経営陣がココまでの発言するってのはめずらしいし、ものすごくかっけー。ますます、今週末が待ちきれないっす。

それにしても、今シーズンはかなりのレギュレーション変更があったんだけど、大きいのはエンジンとタイヤだな。まず、エンジンは2レースで1基しか使えない。1基で約1,500kmを走行しなきゃならんわけで、エンジンの耐久性が求めらちゃうわけだ。あと、タイヤなんだが予選・決勝で1セットしか使えない。これは大きいよな。コンパウンドがハードなものになるし、磨耗を極力押えなきゃならん。エンジンのことも考えると、ドライバーの力量がよりレースに関与してくるってことだろね。

我がチームのテスト走行は全部チェックしてたんだけど、今ひとつ、リザルトが安定してなかった気がする。めちゃ早いルノーに並んだり、ジョーダン・トヨタと並んだりで、どう評価していいのか迷う。
ちなみに、CSの「2005 F1開幕直前スペシャル」で川井・今宮・津川氏が今シーズンのチーム採点をしてました。
----------------------------------------------------------
2005年F1開幕予想

       川井  今宮  津川  合計  順位
フェラーリ  90点  90点  95点  275点  1位
BAR    82点  80点  82点  244点  4位
ルノー    88点  85点  92点  265点  2位
ウィリアムズ 80点  78点  74点  232点  5位
マクラーレン 88点  88点  82点  258点  3位
ザウバー   70点  68点  64点  202点  8位
レッドブル  75点  65点  72点  212点  7位
トヨタ    80点  75点  72点  227点  6位
ジョーダン  58点  50点  68点  176点  9位
ミナルディ  50点  45点  56点  151点  10位
----------------------------------------------------------
またココら辺かい!ウイリアムズくらい食ってほしーよな。
てことで、テンション上げてくぞ!パンチ
posted by KinG at 13:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

遠い記憶-2005年1月8日 トヨタTF105発表

2002年3月3日
アルバート・パーク・サーキット(オーストラリア メルボルン)
外気温19度、路面温度23度
午後2時3分 2002年F1グランプリ開幕
----------------------------------------------------------
スタート直後の第1コーナーでR.バリチェロ(フェラーリ)とR.シューマッハ(BMWウィリアムズ)2台のクラッシュに誘発されるように、後続グループでも多重クラッシュ。出場22台中9台が戦列を去る中、予選14番手からF1復帰のミカ・サロは、辛うじて難を逃れ、9周目にレースが再開されると11位から追い上げを開始。
25周目に9位、29周目に8位と躍進をはたし、レースも終盤となった40周目には、遂に6位へと進出。無念にも痛恨のスピンにより、惜しくも5位躍進は逃したが、見事パナソニック・トヨタ・レーシングを初出場初入賞へと導いた。

トヨタ自動車(株)会長 奥田碩のコメント:
「初戦でこのような入賞が出来て、大変感激している。支援をいただいた多くの皆様に改めて感謝したい。幸運にも恵まれた入賞だと思っており、兜の緒を締め今後に臨みたい」
----------------------------------------------------------
<決勝>
天候: 曇り 気温: 19℃
路面温度: 23℃ 湿度: 67%

M.サロ: 6位 1時間44分23秒3 56周完走 シャシー:TF102/04
A.マクニッシュ: 16位 1アクシデント 0周 シャシー:TF102/05
----------------------------------------------------------
栄光はすぐそこにあると思った

あれから3年が経った。
以降、ボクの中のF1の記憶は途切れ始める。。。

2002年
第3戦ブラジルGPでのポイント獲得
第17戦日本GPでの琢磨コール

2003年
クリスチアーノ・ダ・マッタへの熱い思い
第17戦日本GPで琢磨の後塵を拝したこと

2004年
第16戦上海GP開催

2万回転を誇るエンジンと慢性的なダウンフォース不足のシャーシというアンバランスなパッケージは、この3シーズン解消されなったと言っていい。
F1というスポーツはあらゆる面(マシン・ドライバー・チーム・・・)の熟成を要する・・・
このことは、F1を知れば知るほど身にしみてわかったことではあるが、受け入れがたい現実でもあった。

2005年1月8日
パナソニック・トヨタ・レーシングは、スペイン・バルセロナで新型「トヨタTF105」 を発表した

昨年7月からTF104Bの開発を断念してまで仕上げた、そして、マイク・ガスコインが「創った」パッケージだ。
ヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハというトップレベルのドライバーを迎え、昨年のドライバーであるオリビエ・パニス、リカルド・ゾンタをリザーブに回すという最高の陣容で迎える2005年。

もう空力不足なんて言い訳は聞き飽きた
紳士的なコメントも必要ない
とにかく0.1secでも早く走れ!
ポディウムに昇る姿を見せてくれ!
そんときボクはあなた達と一緒に絶対泣く!


記者会見でR.シューマッハはこう語った。
「パナソニック・トヨタ・レーシングは、まだ若く、有望なチームであり、可能性を秘めているので加わった。エンジンとシャシーを同じ工場で組み上げるということも、また重要なことであり、チームに初めて接した時の、本当にプロフェッショナルな彼らの仕事ぶりには、驚かされた。
私の個人的な2005年シーズンの目標は、コンストラクターズ・チャンピオンのトップ5にチームを導くことだ。そして、2006年、2007年へと成功への道を学び続けなければならない。その時、我々の真の成功がやってくる

最高の期待をもって、3月6日アルバート・パークを待ちたいと思う車(セダン)
posted by KinG at 14:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。