2006年08月03日

WBA世界ライトフライ級王座決定戦 亀田興毅対フアン・ランダエタ戦

れはね〜よなちっ(怒った顔)
T-BORANexclamation×2
お前の唄じゃないんだから、ちゃんと歌いなさいexclamation×2

さて、昨日の試合。

よくあることではあるが、マスコミとゆーのは、
持ち上げたり、落としたりで、
話題になりゃ何でもい〜とゆーのが露骨で下品だなと。

判定について、疑問があるだとか、
見に来た「にわかな人達」もおかしいよね・・・とかね。

でも、ボクは、
ボクシングってこ〜ゆ〜もんなんすけど
とか言ってやりたい。

判定の際、重視されるのは、有効打とゆーことなんだけど、
興行とゆーことを考えれば、

 ・どっちがベルトを持っているか?
 ・どこで試合が行なわれるか?

てなことも考慮されるのは当たり前。

まず、有効打とゆーことで言えば、
亀田が明らかに落としたラウンドは、1・11・12Rd。
1Rdはもちろん、11Rdも2Point差がついててもおかしくないなと。

ただ、あとのラウンドは微妙なんだよね。
ベネ特有の軽い・伸びるジャブを有効打と見るかどーかであって、
ジャッジの印象ひとつで変わるわけなんだよね。

ランダエタサイドから言えば、
1Rdでダウン取ったのに、止め刺せなかったってのが敗因。

途中から「残り10秒」ってとこで、ラッシュするとゆー、
明らかに消極的な姿勢は否めないわけで。

一方、亀田君ね。

ボクはこの試合の前は、
一度、負ければいいのに
と思ってたのさ。

彼の試合はデビュー戦から見てて、
辰吉以来のHEROが現れたと思ってた。

だけど、きちんとした結果がでる前から、
周りの大人が騒ぎすぎて、
せっかくの原石を台無しにしよーとしてる気がしてたんだ。

演出はもちろん、マッチメークもひどすぎる。

だからね、昨日の試合なんて、
知ってる人が見れば、予想するのは簡単なはずなわけね。

減量が響いたとかさ、
ど〜したexclamation&question亀田exclamation×2
みたいなことを言ってる時点で、
本当に彼を応援してたのか、甚だ疑問ですちっ(怒った顔)

今までの相手が弱すぎて、ガチでも勝ってきちゃったから、
フットワークなんて、一切使えてない。

しかも、川島バリのスウェーもないわけで、
正面でやりあえば、
ガードの隙間から打たれるのは当たり前なんだよなあせあせ(飛び散る汗)

そゆ意味で一度、負けろexclamation×2と思ってたんだけどね。

だけど、1Rdであの倒され方をしてもペースを取り戻し、
なんといっても、11Rdに上体が起きちゃって、ダウン寸前の状況で、
クリンチしたあの姿勢は、
チャンプに値する精神力を持ってると思ったんだひらめき

だから、ボクは、周りがどーだーろーと、あの瞬間だけで、
彼は十分チャンプにふさわしいボクサーだと思ってます

これで、彼を見損なうんだったら、
最初から応援するのは止めなさい


いずれにしても、伝説の始まりとかじゃなく、
彼にとってはこっからがきついたらーっ(汗)

本来の階級ではないライトフライで、
ある程度、周囲を納得させなきゃいかんしね。

そーゆー意味で、亀田父ボクシングに固執してちゃだめだよな。

恐らくは、素人が教えてどこまでいけんのよexclamation&question
とか周囲から叩かれてきたわけで、
それについては、昨日の試合で、
亀田父が名トレーナーであることは証明できたじゃん。

こっからは協栄が腰を据えて教えなきゃ。

足の使い方、打ったあとのディフェンス・・・

彼はまだ19歳だし、周囲の大人が、
本物を偽物にしちゃいかんと思うよパンチ
posted by KinG at 13:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | AO Corner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

コピペ

クのBlogは基本的にオリジナリティを重要視しているので、
いわゆるコピペによるパクリは、あんましてないのね。

でも、今日だけは許して。
つか、パクらざるを得ないほどのクォリティのある記事を見つけた目

では、貼り付けますメモ

口 ヅラずるり…相手も脱帽

セミファイナルのSフェザー級8回戦で前代未聞の珍事が起こった。

小口雅之(28)=草加有沢=が着用していたカツラが試合途中にずれまくり、
リング上で思わぬ「カミングアウト」

5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、
力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った。

「異変」は3回途中から。
頭頂部を覆う形のカツラが、
相手のパンチをもらうたびにフワリ、フワリと浮き上がる。

リング上のかつてない光景を「聖地」のファンはかたずをのんで見守った。
4回には一層、ずれ具合が顕著となり、
ついに4回終了後にトレーナーがカツラを取り外した
一瞬の間を置き、会場から「その方がかっこいいぞ」との声援が飛び交った。

小口は普段は丸刈りで、カツラを着用したのはこの試合が初めて。
「3ラウンドあたりから浮き出して落ち着かなかった。次はもうつけません」
と恥ずかしそうに苦笑い。

日本ボクシングコミッションは、リング上ではシューズ、トランクス、
ノー・ファウル・カップ以外の着用は認めていないが、
今回は「悪意のないもの」と判断し「特例」として認められた。

デイリースポーツ

RSS feed meter for http://cyborgfactory.seesaa.net/
posted by KinG at 15:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | AO Corner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

橋本真也急死、脳内出血か?

破壊王が・・・。まったく信じられないんだけど。。。
爆勝宣言がアタマで鳴り響いています。
ちょっと、かなりショックです。

http://www.nikkansports.com/ns/battle/f-bt-tp0-050711-0015.html

追記

「訃報を聞いて携帯に電話した。(呼び出し音が)鳴ったんだけど…」
「信じたくない」
「彼に会うまでは言葉が出ない」
小川直也

「信じられない。オレより先に逝きやがって…。橋本が結婚するとき、自分が親代わりだった」
「もともと血圧は高かったが…。ゼロワンで心身ともに大変だったのではないか」
坂口征二

「ケガだと思っていたので、まさか亡くなるとは……」
「橋本さんが復帰したら、病み上がり同士で一騎打ちをしたかった」
高山善廣

「受け身を取りづらい技を連発する。客が熱狂する。リングでまたそれに応えようとエスカレートする・・・。そういう意味では『殉職』ではないかという気がします・・・。ほんとにいい奴でした・・・」
古館伊知郎


posted by KinG at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AO Corner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント開幕戦〜

KID玉砕パンチ
ザンビディスにパンチで勝つとゆーのはないと思ったけど、攻め手がなかった感じだった。初戦にしては厳しい相手だしな。HERO2でキレキレの闘いを見たいね。
KOが少なすぎて、今ひとつ、消化不良ではあるけど、負けた安廣の試合にしてもグッとくるもんがあったなと。こないだのK1ラスベガスがボロかった分、そー見えたんだな。フェイトーザは拍手に値するし、本線も期待大なんだけど、やっぱ、毎度、むかつくのが中迫だ。やつは格闘界から出て行くべきです。確かにハントを一度、ハイキックで倒したことはあるが、基本的に自分から前に出る気合や勝負への執念がまったく感じられない。武蔵のソレとはちょっと違うんだよな(アレも嫌いだけど)。そゆのはやはりリングに上がっちゃいかんぜ猫

追記
また「おもむろ」に10km走ってみたさ。息はホントきつくないんだけど、足が・・・。前回走ったときも、足の裏、特に土踏まずの上くらいが痛くて、昨日、シューズ買い直したんだけど、やはりダメ。シューズと中敷の間に皮が挟まってる感じで、すんごい痛いわけ。これなんで?走り方?どなたか陸上競技出身の方いらっしゃいましたらアドバイスをご教授ください足
posted by KinG at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | AO Corner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

K-1 WORLD MAX 2005 〜日本代表決定トーナメント〜

ッヒーの試合は相変わらずいらつくわ。「ミスターストイック」じゃなく「ミスターナルシスト」だべ?あれじゃ。確かに新田戦の前蹴りはあの間合いだし、らしさを見せた気がするけどな。安廣とは決着がついたとは言えない。あのカウンター狙いな闘いはなんとかならんかな。戦術ではあるが、世界で通用していない以上、常にアグレッシブな姿勢を見たいものです。
いずれにしても「KIDの大会」だったので、残念で仕方ないが、幸三のオーラは感じたし、ブアカーオvsクラウスの次元の違う闘いも良かった。MAX予選がK1-JAPANみたいにならぬよー「そのとき見たいカードをそのときマッチメーク」するとゆーK1の魅力を谷川Pには再確認もらいたいものです。

----------------------------------------------------------
2月24日 遮那王への道#003

1. セレブ松島のビヨンドヨガ(40min)
2. ベンチプレス(3セット)
3. ワンハンドローイング(15kg x 10回)
4. サイドレイズ(9kg x 6回)
5. アームカール(9kg x 20回)
6. キックバック(9kg x 6回)
7. スクワット(15kg x 20回)
8. レッグカール(45kg x 15回)
9. カーフレイズ(100回)
10. シットアップ(30回)
11. バックエクステンション(50kg x 20回)

<時間>1時間30分
<体重>81.2Kg
<体脂肪率>計らず
----------------------------------------------------------
ヨガッてみました(下ネタではない)。ぜんぜんきつくないんで、なんだかなぁとゆー感じだったけど、呼吸法とストレッチはそーとー気分的にリラックスできました。でも、最初に「えーセレブと言われても、どこに?って感じでございますが、ナマステ!」とゆー入りが、ベタな漫談をきーてるよーで痛々しかったあせあせ(飛び散る汗)
posted by KinG at 13:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | AO Corner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。